アクセスアップ

アドセンスのブログで稼ぐならバズらせるより地道にアクセスを集めたほうがいい理由

バズる記事と検索記事

アドセンスブログで稼ぐために考えることは非常にシンプル。
アクセスを稼ぐことです。
アクセスに比例して収益は伸びていくからです。

アクセスを稼ぐメインの手法は検索経由で読者を集めること。
しかし、他の手法ももちろんあります。
中でもSNSなどの拡散を起こして一気に大量のアクセスを集める方法。
いわゆる「バズらせる」ことによるアクセス増はアクセス命のアドセンスにはかなり魅力的です。

が、アドセンスブログを運営するうえでバズることを狙って記事を書き続けるのは、実はあまり効率的ではありません。
アクセスがめちゃくちゃ来るのに狙わないほうがいい。
一見矛盾したこの理屈を説明します。

  

ブログはどのようにしてバズることが多いか?

ポチ丸
ポチ丸
そもそもブログでバズるってどういう状態なの?
ハルイチ
ハルイチ
1つの記事が拡散されてツイッターなどのSNSやソーシャルブックマーク(SBM)から大量のアクセスが来る状態だね!

最近ではツイッターやインスタグラムが流行してきたことによってバズるという言葉も一般的になってきました。

ブログの場合も良い記事と思われたら一気に拡散されて広まることがあります。
特にブログの場合ははてなブックマーク(通称はてブ)による拡散でバズることが多いです。

僕はそんなにバズった経験はないのですが、片手で数えられるくらいにはバズったことがあります。
そのどれもがはてブによるバズです。

はてブの仕組みについては話題が変わってしまうので今回は割愛します。
が、簡単に言うとSNSでいう『いいね!』を一定数集めることによってはてなブックマークのサイトで紹介されたり、公式ツイッターで紹介されたりすることでアクセスが集まる仕組みになってます。

アドセンスブログでバズることはどれほど効果があるのか?

ポチ丸
ポチ丸
ブログがバズったらどんなになっちゃうの!?
ハルイチ
ハルイチ
アクセスはえげつないね

バズることの一番の魅力は何といってもアクセス数の増加です。
僕の記事は大拡散というわけではなくほどほど拡散でしたが、それでも1記事で1日1,000アクセスくらいになりました。

ちなみに、この記事を書いた前日のバズ記事のアクセス数は70でした。
普段は100アクセスもいかない記事がバズっただけで1,000近いアクセスってすごいですよね。

これだけ来たら収益だって期待できる!
と思いますよね?

バズっても収益率はそんなに高くないという事実

ポチ丸
ポチ丸
で、ぶっちゃけいくら稼いだの?ドッグフード代くらいは稼いだ?
ハルイチ
ハルイチ
約100円
ポチ丸
ポチ丸
ん?んん?

アドセンスの収益でも触れてますが、平均的には1,000アクセスあれば300円くらいになります。
でもバズった記事は約100円。1/3です。

僕自身他に経験したバズ記事を見ても、また同じブロガーさんを見ても、バズった記事で収益率が高くなったという話は聞いたことがありません。

つまりバズ経由で来た読者さんは広告をあんまりクリックしてくれないのです。

バズる記事はセンスや運の勝負になってしまう上に短期的すぎる

ハルイチ
ハルイチ
他にもバズる記事で勝負をしてほしくない理由があるんだ!

そもそもバズる記事って記事のクオリティもかなり大事になります。
タイトルのつけ方、話の起承転結、言い回し、着眼点…。
もちろんコツみたいなものはありますが、それでもかなりセンスが問われます。

はっきり言いますが、僕は無理です(笑)
狙ってバズ記事を書くことはできないし、面白い文章も書けないです。

検索を意識した記事であれば、文章力やキャッチコピー的なセンスはほとんど必要ありません。
タイトルだってある程度機械的につければいいし、最低限読めるような文章であればオッケーです。

また、バズることを狙った記事は短期的なアクセス増になりますが、逆に検索からのアクセスはあんまり望めません。
検索を意識した記事のほうが長い目で見たらアクセスを集めてくれやすいですし、最終的に稼ぐ金額も多くなりやすいです。

極端な話、バズって10,000アクセス集めても先ほどの例で言えば1,000円しか稼げません。
それで終わりです。
でも、1日30アクセス地道に集める記事は1年間で3,000円稼ぎます。
そのあとも稼ぎ続けてくれるかもしれません。

「放置していても稼げる」が魅力のアドセンスで常に頭を悩ませながらバズる記事を書くのは意味ないです。

検索にも強くバズでも強い記事はこれだ!

ポチ丸
ポチ丸
うーん、やっぱ検索が大事なんだねー。
でもせっかくブロガーになるなら1回くらいはバズってみたいなあ。
ハルイチ
ハルイチ
そうだね。じゃあ、ちょっと大変だけど検索もバズも期待できるタイプの記事を紹介するよ!

基本的にバズるためにはタイトルのつけ方がとても大事です。
が、バズるためのタイトルと検索を意識したタイトルの付け方は大きな違いがあります。

例えば。

検索を意識したタイトル

ハロウィンの保育園で女の子が仮装するときにお金をかけずに製作する方法

『ハロウィン』『保育園』などのキーワードを一つずつ入れていったタイトルです。
ほぼすべてキーワードで構成されています。

バズることを意識したタイトル

保育園中の視線を釘付け!超キュートなハロウィンの女の子仮装を格安で作ってみた!

キーワードは入っていますが、「視線」「釘付け」「超キュート」などキーワードにならないものも入ってます。

ね?
同じ内容だとしてもタイトルのつけ方が全然違いますよね?
上のタイトルは地味な感じですが、検索的には評価されやすいです。でも地味でバズるタイトルじゃないですね。
下のタイトルはキャッチーで拡散されやすいかもしれませんが、検索的にはあまり評価が高くないタイトルです。

このように検索とバズを両方狙うのは大変です。
でも、両方に強い記事の種類があります。

それは「まとめ・おススメ系」です。

例えば、「漫画 おすすめ」。
これは実際に検索する人も多いし、バズる可能性もメチャクチャあります。
例えば「【2018年版】完結している中で泣ける漫画のおすすめ20選!」みたいなやつです。

他にも「年末の大掃除で役立つお掃除道具まとめ」とか。
まとめとかおススメ系は検索意識のタイトル付けでもバズったり拡散される可能性も高いです。

明らかに誰でも思いつくようなまとめはライバルに埋もれちゃいますが、先ほどのように「漫画の中でも泣ける漫画」のように掘り下げたまとめや詳しい情報を書いた熱量のこもったまとめは意外と検索的にもバズ的にもヒットすることがあります。

まとめ系はかなり書く労力が必要です。
でも上手くハマればかなりリターンも大きいです。
試しに自分の得意分野や好きなものの「まとめ・おススメ」を書いてみるのはいいかもですね。

ハルイチ
ハルイチ
ちなみにさっき例であげた泣ける漫画のまとめは僕が誰かにやってほしいやつです(笑)

まとめ:アドセンスブログではバズよりも地道に検索を狙うべし!

ブログでバズるのって確かに超魅力的です。
1記事だけでアクセスが1,000を超えることもありますし、場合によっては10,000アクセスなんてことも。

でも、バズった記事の収益率って低めです。
それにバズることを狙って書いた記事はタイトル的には検索で弱いです。
なので、一度バズってしまえばそのあとのアクセスはあんまり期待できません。

でも検索経由であれば、バズった記事よりも収益率は高めになります。
それに長い目で見たらバズった記事よりアクセスを集めることだってあります。
バズる記事を書くためにはセンスが必要ですが、検索でアクセスを稼ぐ記事にはセンス的なものはそれほど必要になりません。

アドセンスで稼ごうと思ったら、バズって目先のアクセスを集めるより長期的にアクセスを集めることのできる検索経由でのアクセスを集めることを意識する。
これが『稼げない』を脱却するための大きなポイントです。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です