ツール

グーグルアナリティクスをワードプレスに設置する方法と最低限やるべき設定

アナリティクスの設置方法

ブログを作ったら、日々どれくらいアクセスが来ているか確認したいですよね。
アクセスが増えればモチベーションにもなります。

それだけでなく、どの時間帯にアクセスが多いとか、どんなデバイス(PC?スマホ?)からアクセスが多いとかわかれば、ブログを作るうえでのヒントになります。
もちろんどんな記事が人気なのか、とかもね。

今回はそんなアクセス解析の中でも無料にして最強なグーグルアナリティクス設置方法と最初に最低限やっておくべき設定を紹介します!

  

ワードプレスにグーグルアナリティクスを設置する方法

それでは早速始めて行きましょう。
まずはグーグルアナリティクスの公式にアクセスします。

トップページにアクセスしたら右上の『ログイン』または『アカウントを作成』をクリックします。
まだグーグルアカウントを持っていない場合はここでグーグルアカウントを作成します。
グーグルアカウントの作成方法はコチラ

グーグルアカウントを持っている人はユーザーIDとパスワードを使ってログインします。
アナリティクストップページ

ログインしたら次のようなページになります。一番右の『お申し込み』をクリック。
アナリティクス申し込み画面

アカウントの作成画面になります。
いくつか入力する場所があるので、一つずつ入力していきましょう。

アナリティクス初期設定画面

①トラッキングの対象は『ウェブサイト』を選びます。(初期設定のまま)

②アカウント名を作ります。これはログインしたユーザーIDやサイト名ではなく、アナリティクスで使うアカウント名です。自分の好きな名前でもいいですし、今後複数サイトを作ることを考えて『アドセンス用』みたいな名前でもいいです。

③サイト名(ブログ名)です。アナリティクスを設置するサイトの名前を入力します。

④サイトのURLを設定します。SSL設定をしている場合は、左側にあるhtttp://をhttps://に変え忘れないよう注意!

⑤業種を選びます。わからなかったらその他でもいいです。

特にサイトURLは左側のhttps://の部分も含め、正しく入力しないとアクセス解析ができないのでしっかり入力しましょう。

入力の下のほうにはデータ共有設定に関する設定があります。
基本的には全てチェックを入れておけばOKです。
(最初からすべてにチェックが入っているのでそのままでOKです)
アナリティクス初期設定画面その2

全て入力したら一番下にある『トラッキングIDを取得』という青いボタンをクリックします。
トラッキングID

トラッキングIDが出てきました。
このトラッキングIDは後ほど使うので、このまま画面を立ち上げておくか、メモっておくようにしましょう。
アナリティクストラッキングID

もしトラッキングIDの画面を閉じてしまったら、アナリティクスの画面から左下の管理ボタン(歯車マーク)⇒真ん中のプロパティにあるトラッキング情報⇒トラッキングコードの中にトラッキングIDがあります。
トラッキングIDの調べ方

All in one SEOを使ってワードプレスにアナリティクスを設置する

アナリティクスを設置する方法はいくつかありますが、ワードプレスのプラグインである『All in ONE SEO Pack』を使ってアナリティクスを設置するのが一番簡単です。

アナリティクスの他にも、SEOのために使えるツールがたくさん入っているプラグインなので、まだインストールしてない人はこの機会にやってしまいましょう。
プラグインの導入方法に関してはコチラ

ワードプレスのAll in one SEOの設定画面の下のほうにGoogle設定という項目があります。
その中のGoogleアナリティクスIDという所に先ほどのトラッキングIDを入力します。
アナリティクスをAii in one seo packで設定

トラッキングIDを入力したら、一番下の『設定を更新』をクリック。
アナリティクスをaii in one seo packで設定その2

これでワードプレスにアナリティクスを設置することができました。
日々のアクセスを記録してくれます。

アナリティクスから自分のアクセスを除外する方法

これでアクセスを拾ってくれるのですが、初期設定だと自分のアクセスも含めて拾ってきてしまいます。
気にならない人はいいのですが、中には純粋に外部から来た自分以外のアクセスを知りたいという人もいるはず。
そういった人は自分のアクセスを除外してしまいましょう。

設定は簡単。
先ほどのAll in one SEOのGoogle設定の中に『トラッキングからユーザーを除外』という項目があります。
その中の『Administrator』にチェックを入れます。
これで自分のアクセスを除外できます。

アナリティクスで自分のアクセスを除外する

二つ目以降のサイトを追加する方法

初めての人はアナリティクスアカウントから作成する必要がありますが、既にアカウントを持っている人で2つ目以降のサイトを追加したい人はもっと簡単にできます。

アナリティクスの画面から左下の管理ボタン(歯車マーク)⇒真ん中のプロパティにある『プロパティを作成』を選択。
アナリティクス追加設置

すると先ほど紹介したウェブサイト情報を入力する画面になります。
あとは、同じようにサイト情報を入力するだけです。

トラッキングIDを取得した後の流れもAll in one SEO Packを利用して同じように進めるだけでOKです。

最低限最初にやっておきたいアナリティクス設定

データ保持期間を期限切れにならないようにしておく

グーグルアナリティクスは、初期設定のままだと26か月たった時点で古いデータから自動で消されるような設定になっています。
この設定になったのはつい最近、2018年5月のことです。

この期限を延長させて期限切れにならないような設定にしておきましょう。

アナリティクスのホーム画面から左下の設定をクリック⇒真ん中のプロパティにあるトラッキング情報をクリック⇒データ保持をクリック⇒右のユーザーデータとイベントデータの保持にて『自動的に期限切れにならない』を選択。

アナリティクスデータ保持期限

これで基本的にはアナリティクスのデータが無期限で保持されるようになりました。

ページタイトルごとのアクセス数を手軽に知れるようにしておく

せっかくアナリティクスを設置したのですから、どのページがどれくらいアクセスがあったのか知りたいですよね?
手軽に知ることができる設定があるので紹介します。

まずアナリティクスにログインし、左側のカスタム⇒カスタムレポートとクリックします。
カスタムレポートを開くと右に『+新しいカスタムレポート』があるので、クリックします。
アナリティクスカスタム設定

ここでページタイトルごとのページビューを出してくれるレポートを作ります。
アナリティクスカスタム設定その2

①レポートの名前を入力します。『ページごとのPV数』とかでいいでしょう。自分のわかりやすい名前にしてください。

②『+指標を追加』という場所をクリック。
下に項目が出てくるので『ユーザー』⇒『ページビュー数』と選択してください。
あるいは検索に『ページビュー数』と入れてもOKです。

③『+ディメンションを追加』という場所をクリック。
下に項目が出てくるので『行動』⇒『ページ タイトル』と選択してください。
あるいは検索に『ページ タイトル』と入力してもOKです。
(ページとタイトルの間には半角スペースが入ります)

④ここまで入力したら『保存』をクリック。

これで設定は完了です。
後は、先ほどのカスタムレポートの中に自分の作ったレポートがあるので、そこを開けばページタイトルごとのアクセス数を見ることができます。

まとめ:アナリティクスで自分のサイトをしっかり把握しよう!

アナリティクスを設置しておけば日々のアクセスを知ることができます。
サイトを作ったばかりのころはアクセスがあまり来ないですが、育つにしたがってアクセスが増えてきます。
それを見るのはものすごーーーーーく楽しいです(笑)
なので、アナリティクスは絶対設置しておきましょう。

もちろんただ楽しいだけではなく、アクセスを解析することによって自分のサイトをよりパワーアップするヒントが得られます。
人気のある記事を見て、さらに詳しい深堀した記事を書いたり、滞在時間の短い記事があれば内容を追記して滞在時間を増やしてみたり。
いろんな使い方ができます。

簡単なので、サクッと設置しちゃいましょう!

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です