ブログの作り方

アドセンスの広告ユニット生成のやり方とポイント!名前は適当じゃダメよ

アドセンス広告ユニットの作り方のポイント

アドセンスで稼ぐためにはアドセンス広告を自分の記事に貼る必要があります。
アメブロみたいに誰かが勝手に入れてくれるわけじゃないですね。

ということで今回はサイトに広告を貼るための基本のキ。
アドセンスの広告ユニットの作成からコード取得、名前つけ、手動で記事に広告を埋め込む方法をご紹介します。
最低限、これさえ抑えておけば今日から収益化がスタートできますよ。

なお、広告ユニットを生成するためにはアドセンスの審査に合格しておく必要があります。
まだアドセンスの審査に合格してないよー!って人は焦る気持ちを抑えてまずはアドセンス審査をパスしてしまいましょう。

アドセンス審査のポイントについてはコチラで解説しています。

Googleアドセンス審査突破のコツ
Googleアドセンス審査2018年版。審査期間と通らない時の確認ポイントGoogleアドセンスを始めるうえで越えなければいけないハードルがGoogleアドセンスの審査です。 これに合格しないと自分のサイトに...

また、既にアドセンスアカウントを持っていても、新たに別のサイトに広告を貼る場合は追加審査が必要です。
追加審査の手順は次の記事にてまとめています。

アドセンス追加サイト
グーグルアドセンスの追加サイトの審査手順を図解入りで教えるよ!これまでアドセンスを利用するには一度一つのサイトで合格していれば、そのあと新規のサイトに広告を入れる時には審査は必要ありませんでした。 ...

アドセンスの広告ユニットを生成する方法

まずはアドセンスの管理画面にアクセスしましょう。

アドセンスの管理画面にアクセスしたら、左のメニューから「広告」をクリックします。

広告ユニット作成手順その1

「広告」をクリックするとさらにいくつかの項目が出てきます。
この中にある「広告ユニット」をクリックします。

アドセンス広告ユニット手順その2

広告の種類を4つから選ぶことができます。
ただ、関連コンテンツユニットはある程度アクセスを集めないと解放されないなど条件があります。

テキスト広告とディスプレイ広告を選択

ここでは最も基本的な「テキスト広告とディスプレイ広告」を選びます。

『テキスト広告とディスプレイ広告』の項目はこんな感じで設定

テキスト広告とディスプレイ広告を選択すると設定項目がいくつかあります。
どんな感じで設定すればいいか、僕がやっている設定を例に紹介します。

テキスト広告とディスプレイ広告の設定項目
  1. 名前…ここは広告ユニット名を設定します。
    自分が管理しやすい名前にしておきます。

    僕の場合は『サイト名+広告位置』にしてます。
    「おひさまアフィリエイト 記事終わり広告」みたいな感じです。
    これは広告ごとで収益状況を把握しやすくするためです。(後ほど詳しく)

  2. 広告サイズ…広告の大きさです。

    縦長や横長など色々選べます。
    僕のおススメはデフォルトの『レスポンシブ(推奨)』か『長方形』の『レクタングル(大)』『レクタングル』です。

    ひとまず記事内に貼る広告であればこのどれかにしておけばOKです。

  3. 広告タイプ…『テキスト広告とディスプレイ広告』にしておきます。
  4. テキスト広告のスタイル…いくつかスタイルが選べますが、デフォルトがおススメです。
  5. カスタムチャネル…ここは設定しなくてOKです。
  6. 表示可能な広告がない場合…ここも設定しない(デフォルトのまま)でOKです。

項目そのものは6つありますが、3~6は最初から設定されている項目のままでOK。
なので名前と広告サイズだけ変えればOKです。

ちなみにこれらの設定項目のうち、広告サイズだけは後から編集して別のものに変えることができません。
別の広告サイズに変える時は新たに広告ユニットを取得することになります。

ただ、新たに広告ユニットを生成することには何のデメリットもありません。
なので、別にミスって設定しちゃったりしても大丈夫です。

設定が終わったら「保存してコードを取得」をクリックします。
すると広告を表示するためのコードが出てきます。

アドセンスの広告コード

この広告コードをワードプレスの投稿画面に貼り付ければ無事広告が表示されます。
投稿画面に貼り付ける時は「テキスト」モードにするのを忘れずに。

また、広告の前に「スポンサードリンク」という文言を入れておくといいですね。

ワードプレスへの広告コードの貼り方

ただ、広告コードを取得したばかりだと、すぐに貼り付けても広告が表示されないことがあります。

しばらく待っていれば表示されますので、貼り付けておいて時間を置いてみてください。

とはいえ…。
記事を投稿するたびに一つ一つ広告コードを貼るのは大変ですよね。

そこでアドセンス広告を任意の場所に挿入してくれるプラグインがあります。
これを使えばコードを一つ一つ貼る手間がありません。

正直、アドセンスブログを運営するならこうしたアドセンス広告管理のプラグインを導入するか、最初からアドセンスコードを管理機能があるテーマを使うかしないと作業がかなり非効率になってしまいますよ。

そんなアドセンス広告挿入プラグインWP QUADSの使い方はこちらの記事で解説しています。

アドセンスの広告ユニットの名前を『サイト名+広告位置』にする理由

先ほど広告ユニット名を『サイト名+広告位置』にするのがおススメとお伝えしました。
この方法で広告ユニットを作ると、名前以外全く同じ広告ユニットを複数作ることになります。

「それって意味あるの?」って思いますよね。
これはちゃんと意味がありまして、記事広告のベストな位置を探すのと自分の記事がどんな風に読まれているかを見るためです。

例えば僕は「記事序文下」「記事中盤」「記事終わり」の3つで広告ユニットを作っています。
で、それぞれの位置に対応した広告ユニットを貼り付けます。

そして運営してくと

ハルイチ
ハルイチ
お、なんか記事中盤の広告が結構クリックされてるな

とか。

ハルイチ
ハルイチ
記事終わりの広告のクリック率悪いな…

とか。

広告の位置によって収益に差が出てきます。

この結果をもとに「じゃあ記事始めにいきなり広告貼ったらどうかな?」とか。
「記事中盤じゃなくて記事終わりに2つ横並びにしてみようかな」とか。

どの広告がクリックされやすくて、どの広告がクリックされにくいのか。
検証しやすいんですね。

これを全て一つの広告ユニットで使いまわしてしまうと、どの位置の広告がクリックされているかわからなくなります。
だからそれぞれの広告位置の名前を付けるのです。

また、「記事序文」「記事中盤」「記事終わり」のような分け方をすると、例えば記事終わりの広告のクリック率が悪い場合。
読者の人が最後まで記事を読んでない、って可能性も考えらるわけですよね。

と、このように自分の記事の検証にも役に立ちます。

というわけで名前には広告位置を入れておくのがおススメです。

あ、ちなみにサイト名はなぜ入れるかと言えば、将来的に2つ目、3つ目のサイトを開設するときに区別するためです。
これはそのまんまですね。

一応、一つのユニットから位置によって管理する方法もあります。
それが先ほどスルーした「カスタムユニット」です。

ただ、色々設定するのも面倒ですし、広告ユニットをそれぞれの位置で取得したほうが楽です。
ということで「サイト名+広告位置」で名前を取って管理する方法推奨です。

広告ユニットのコード再取得の方法

ポチ丸
ポチ丸
あ、保存した後に出てくる広告コードの画面を閉じちゃった!

大丈夫です。
広告コードは後からでも再取得できます。

アドセンス管理画面で『広告』⇒『広告ユニット』と進むと作成した広告ユニットが表示されます。
作成した広告ユニットの中に『コードを取得』という項目があります。

広告コードの再取得方法

ここをクリックするとコードが表示されます。

あとがき:アドセンスの広告は効果検証のために位置ごとに作ろう!

アドセンスの広告そのものはそんなに作るのは大変じゃないです。
ただ、アドセンス広告って一度作って終わりじゃなくて、その後もベストな広告位置、サイズを探し続けることになります。

だから名前を付ける時も配置する位置の名前にしたりして、後から検証可能なようにしておくのがポイント。

また、今回サイズも僕のおススメを紹介しましたが、サイト運営に余裕が出てくれば他のサイズを検証するのも大事です。
あなたのサイトにピッタリの広告サイズを探しましょう。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

POSTED COMMENT

  1. ミラ より:

    こんにちは。
    アドセンスの広告作成、わかりやすかったです。
    最初に設定して以来触ってなかったので、すっかり忘れていました。
    配置を見直すとき、参考にさせていただきます。

    • ハルイチ より:

      ミラさん

      こんにちは。ハルイチです。

      アドセンスの広告作成、意外と時間が空くと「あれ?どうだったっけ?」ってなっちゃいますよね。
      ぜひ次また広告ユニットを作る時の参考にしてみてください!

  2. レオ より:

    こんにちは。
    わかりやすかったです。
    広告設定よくわからないこと多くって。

    • ハルイチ より:

      レオさん

      こんにちは。ハルイチです。

      わかりやすいと言っていただけて嬉しいです!
      広告設定慣れないとよくわかんないですよねー。

      また読みに来てくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です