ツール

ブログ画像のモザイクのかけ方。フリーソフトとペイント2種類の方法を紹介!

ポチ丸
ポチ丸
この前お散歩に出かけた時に取った写真。いい風景が取れたけど思いっきり人の顔写ってる~。これこのまま載せたらまずいかな?
ハルイチ
ハルイチ
そうだね。許可を取ってない人の顔を勝手に載せたりすると後々トラブルになることも。念のためモザイク処理をしたほうがいいね!

ブログの記事を書くときには文字だけでなく画像はとても大切です。
例えばイベントや行楽地に行った時のことをブログに書くときは、撮った写真も一緒にブログで紹介するとより読者に伝わります。

ただ、気を付けておきたいのが人物や建物の写真。
何の気なしに顔を出した写真を載せてしまうと、プライバシーや肖像権に引っかかっちゃうかもしれません。
そんなトラブルを防ぐためにも画像にモザイクをかけたほうがいいですね。

今回は僕がいつも使っている画像編集のフリーソフト『PhotoScape』によるモザイク処理。
そして、Windowsパソコンに入っている『ペイント』ソフトを使ったモザイク処理の仕方を紹介します。

ちなみに圧倒的におススメなのは『PhotoScape』によるモザイク処理です。
両方紹介するので、なぜPhotoScapeのほうがおススメなのかわかるかと思います。

なお、PhotoScapeのインストール方法についてはこちらで解説しています。

  

PhotoScapeを利用した画像のモザイク処理

PhotoScapeを利用したモザイク処理方法を紹介します。

まずPhotoScapeで対象の画像を開きます。
PhotoScapeの場合はデスクトップ上のアイコンに編集したい画像を重ねると自動で画像編集画面になるので、それが一番楽です。
(PhotoScapeを開く⇒画像編集⇒左上のファイル一覧から画像を開く、という手順でももちろんいいです。)
PhotoScape開き方

今回は『水曜日のネコ』というビールの『水曜日』部分にモザイクを入れてみます。

画像を開いたら『ツール』を開きます。
ツールの中に『モザイク』という項目があるので選択。
モザイクレベルを低・中・高と選ぶことができます。
お好みのものを選択します。
PhotoScapeモザイクの場所

選んだら範囲選択になるので、モザイクをかけたい場所を選択します。
画像では見やすいように黄色点線にしてますが、実際は黒点線です。
モザイク処理範囲選択

範囲を選択したら一瞬でモザイクがかかります。
モザイク処理結果

モザイクというそのものズバリな項目もありますし、簡単ですね。

これでOKなら右下の『保存』をクリック。
間違えちゃったという場合は右下の『元に戻す』をクリックするか、Ctrl+zで元に戻ります。

ペイントを利用したモザイクの入れ方

次にペイントを利用したモザイクの入れ方をご紹介します。

まずペイントを開き、編集したい画像を開きます。
(あるいは編集したい画像を右クリック⇒プログラムから開く⇒ペイントでもOKです)

ペイントを開いたら、上のほうにある『選択』をクリック。
モザイクをかけたい場所を囲います。
画像では見やすいように黄色点線になってますが、実際は黒点線です。
モザイク処理範囲選択

モザイク部分を選択したら、右下に小さい□が出てきます。
そこをクリック&ドラッグして対象を左上に向かって縮小させます。
この縮小サイズでモザイクの濃さが決まります。
モザイク処理範囲縮小

縮小したら、そのまま右下に向かってもう一度元の位置まで画像を広げます。
モザイク処理範囲拡大

するとあら不思議!
画像にモザイクがかかったような状態になります。
モザイク処理結果・ペイント

縮小・拡大が結構細かい作業になるのでやや大変です。
また、モザイクレベルもそこまで濃いモザイクはできないですね。

ブログ運営をするなら画像編集ソフトは何かしら持っておこう

冒頭でもお伝えしましたが、ペイントとPhotoScapeなら圧倒的にPhotoScapeのほうがモザイク処理は楽です。
画像を開くのも楽だし、モザイクという項目を選択して範囲設定するだけで一瞬でモザイクがかかります。

また、今回はモザイク処理だけでしたが実際は画像のサイズを変えたり、文字入れしたりと画像編集する機会は意外と多いです。
だからこそブログ運営をするのであれば、フリーソフトでいいので画像編集ソフトを持っておくべきです。

僕は初心者にも使いやすいPhotoScape推しですが、『Jtrim』とか『GIMP』といったソフトもあります。
自分が使いやすいものであればなんだってOKなので、この機会にぜひ入れておきましょう。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です