記事書きテクニック

ブログの文章が短いとお悩みのあなたに捧げるテキスト量を増やすコツ!

ブログの文章量を増やすためのコツ

個人的な趣味のブログなら適当に短い文章でもいいのですが、アドセンスで稼ぐためのブログだと1,500文字くらいの文章を書きたいところです。

僕もアドセンスブログでは大体1500文字くらい書いてますし、この「おひさまアフィリエイト」でもほとんどの記事がそれくらいの文章量になってます。
(〇〇の使い方!みたいな記事は別ですが)

ポチ丸
ポチ丸
そんなにかける気がしないんですが。
ハルイチ
ハルイチ
僕もブログを始める前は中学校の読書感想文1,000文字くらいが最大だったよ!

多分、1,500文字って聞くと「そんなに書けないよ!」って思うでしょう。
僕も何百記事もブログ記事を書いてますが、1,500文字の文章を書け!って改めて言われると「そんな書けないよ」って思っちゃいます(笑)

僕の場合は狙って1,500文字を書いているというよりも、いつの間にか1,500文字だった、というほうが感覚的には近いですね。

ただ、やっぱり文章を書くのが苦手だったりすると1500文字って聞いただけで「うげぇ~…」ってなっちゃうかと思います。

そこで今回は僕が1,500文字以上の文章を書くときに意識しているコツとかやってることをご紹介します。
取り入れてくれると結構スラスラと自分でも驚くくらい書けるようになりますよ。

ブログ記事が短くなってしまう原因は?

一番大事!:書けないのは書くための材料がないから

僕も友達に「よくそんな長い文章思い浮かぶね」って言われるんですが、僕は文章を思い浮かべてるわけじゃないんですね。
ただ知ってることを書き出しているだけです。

例えば、この記事であれば普段から自分がやっていることを思い返してみて、単純にそれを伝えているだけです。
もし自分の知らないことを扱うとしたら、他のサイトなり知恵袋なり本や雑誌を見るなりして調べます。
それを少しずつ肉付けして書いてるだけです。

キーボードの前で「書けない~」って思い悩んでしまうなら、そのまま悩んで時間を潰すのではなく、書くための材料を探しましょう!

ブログの文章量を増やすコツ

まず見出しを3つか4つ作ろう!

ポチ丸
ポチ丸
ブログの文章量を増やす話なのに、見出しを作る?なんで?
ハルイチ
ハルイチ
ある程度全体像が見えてた方が文章を書きやすいからだよ!

僕は大体いつも1つの記事に対して3つか4つの見出しを作ってます。
この記事は3つ以上になってますが。

見出しは選んだキーワードや伝えるテーマに沿って作ればオッケー。
この記事であれば、ブログ記事の文章が短い人に増やす方法を伝えるので、「ブログの記事が短い原因」と「増やす方法」の大きく二つです。

この記事の目次を見てもらうと、大見出しがまとめ含めて3つ。中見出しが2つ。小見出しが2つです。
が、こんなに作らなくても1,500文字は書けます。

僕の場合はまとめを含めないで、3つくらい見出しを作ると大体1,500文字くらいになります。
単純計算で行くと。
序文:300文字
見出し1:300文字
見出し2:300文字
見出し3:300文字
まとめ:300文字
って感じですね。

1つの見出しに対して、3つくらい伝えることがあるといい

見出しを作ったら、それぞれの見出しに対して3つずつくらい伝えることを書くようにするといいです。

次の画像はこの記事を書くときの下書きです。
僕は記事を書く時には、このように見出しに対してどんなことを書くのか箇条書きにしておいて、それを文章におこしています。
記事の下書き
下書きと実際の文章を見比べてもらうとわかるように、下書きの部分はこの程度にして、あとは膨らませているだけなんですね。

あらかじめ下書き的に書いておくことによって、自分の中でも言いたいことが整理されやすいのでおススメです。

それぞれの伝えることを1つの文章が2つの文章で書くだけで、自然と1500文字になります。

自分の感想や考えを入れてみよう

自分が思うことや考えたことを書くと文章量が増えます。
記事にオリジナリティも出ますし、一石二鳥ですね。

例えば、とても美味しいアイスがあったとしてそれをブログに書くとき。
「美味しい!」というのも自分の考えなんですが。

  • なぜそのアイスが気になったか?
  • 似たようなアイスとどっちが自分の好みか?
  • どの部分がおいしいと思ったか?

などなど。
アイスを食べる前や食べた後に考えたことがあるはずで、それらを付け加えるだけでどんどん文章量も増えていきますよね。
それにより濃い情報にもなります。

箇条書きで大まかに書く⇒補足として丁寧に書く

ちょっとテクニック的な話です。

一つの見出しに対して、箇条書きを書いてからそれぞれの内容を補足して肉付けするようにすると、箇条書きの文だけ文章量が増えます。
読者にとっても見やすくていい感じです、

先ほどのアイスの例で言うと。

  • 可愛い牛の絵に思わず購入
  • スーパーカップよりも好みかも!
  • アイスの上にまぶされたナッツがうまうま!

みたいな箇条書きにして、それぞれの項目をより深く説明する。
みたいな感じですね。

で、もしそれぞれの箇条書きの文量が多くなったら、もうそれは1つの見出しにしちゃえばいいですね。

まとめ:まずは書くことを自分の中で持っておく。そのあと、外枠から文章を作る

ちょっとしたテクニックも伝えましたが、改めて一番大事なことは 自分の中で書くことを持つこと。
文章が短くなってしまうのは、内容が思いつかないのではなく、書くための材料が少ないからです。
材料さえあれば、あとはそれを書き出すだけです。

文章を書くコツでは、まず最初に見出しや見出しの中で書く内容を下書き的に書いておくのがおススメです。
この下書きの時点で3つの見出しを作る。
そして、それぞれの見出しの中に3つくらい伝えることを書くことができれば、もう1500文字くらいは書けます。
逆に下書きの段階で書くことがなければ、もう一度調べたりして書く材料を探したほうがいいです。

後は、自分の意見を付け加えたり、箇条書き⇒補足という文章の形式を使いながら、文章を肉付けしていきましょう。

ちなみにこの記事は2400文字くらいです。
こんなに書かなくても、まずはもうちょっと短くてもいいんです。
ぜひ今回紹介した点を意識しながら記事を書いてみてください。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です