ツール

新グーグルサーチコンソールでFetch as Googleを使う方法

新グーグルサーチコンソールでfetchasgoogle

グーグルサーチコンソールでは様々な機能がありますが、その中で人によってはよく使う機能の一つに『Fetch as Google』があります。

Fetch as Googleとはどんな機能かというと、ものすごくざっくり言うと

ポチ丸
ポチ丸
記事更新したからこれ早めに検索結果に載せてー!

とアピールする機能。

ところが、新グーグルサーチコンソールではこの『Fetch as Google』がどこを探しても見当たりません。
新しくなったことで機能が消えてしまったのか?

いやいや、そんなことはありません。
ちゃんと使えます。

ということで、今回は新グーグルサーチコンソールでFetch as Googleを使う方法を紹介します。

新グーグルサーチコンソールではFetch as Googleは『URL検査』という名称になっている

新グーグルサーチコンソールのどこを探してもFetch as Googleが見つからないのは当然でした。
なぜなら名称が変わっていたからです。

Fetch as Googleはグーグルサーチコンソールでは『URL検査』という項目に変わっています。
正確に言うと、URL検査という項目の中から以前までのFetch as Googleと同様の機能を使うということができます。

早速画面写真とともに使うまでの手順を紹介します。

新グーグルサーチコンソールでのFetch as Googleの使い方

新グーグルサーチコンソールの画面に入ったら左側に『URL検査』という項目があるので、クリックします。
URL検査はサーチコンソールの左にあるメニューから

すると、上部のフォーム内ににURL検査したいURLを入力するよう表示されます。
ここでインデックス登録を促したいURLを入力します。
インデックス登録をリクエストしたい

すると次のような表示になりますので、右下の『インデックス登録をリクエスト』をクリックします。
リクエスト申請はここからこれでインデックス登録のリクエスト。
つまり以前のグーグルサーチコンソールでのFetch as Googleは完了です。

ちなみに、既にインデックス登録済みのURLを記載した場合は、次のような画面表示になります。
インデックス登録済み画面この場合はもうすでに検索結果に反映されているはずなので、インデックス登録のリクエストをする必要はありません。

おまけ:クロール許可、インデックス許可してるかもURL検査で見れる

特にまだ大きくないブログでは、リクエストをしても検索結果への反映は時間がかかります。
(逆に大きいブログならリクエストしなくても速攻で検索結果に反映してくれることも多々あります。)

が、それとは別にいつまでたってもなぜか検索結果に反映されない…という時は基本的な『クロール許可』『インデックス許可』がされているか確認してみましょう。
新しいグーグルサーチコンソールでは先ほどインデックス登録をリクエストした画面でそれぞれ許可されているか確認することができます。
URL検査ではクロール登録、インデックス登録も見れる記事投稿時に『No follow』タグや『No index』を設定していると、検索結果に反映させようと思ってもできません。
これらを間違えて設定している場合は、外しておきましょうね。

よくあるパターンとして、ワードプレスのプラグインである『All in one SEO Pack』を使っていて、間違えてチェックを入れてしまっていることが多いです。
All in one seoでnoindexをしないよう注意

新グーグルサーチコンソールでのFetch as Googleまとめ

新しいグーグルサーチコンソールでは『URL検査』からFetch as Googleを使うことができます。
パッと見『え、別に検査してほしくないんですけど?』と思っちゃいそうですが、ちゃんと検査ページの中からリクエスト申請することができます。

アドセンスをやっている場合は、正直トレンド系の記事を投稿しない限りはほとんど使わない機能ではありますが、それでも覚えておいて損はないです。

新しいバージョンになると慣れるまでが大変ですが、どっちにしろ便利なツールなので少しずつ使って慣れていきたいところですね。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です