アクセスアップ

No indexってどういうメリットがあるの?どんな時に使うべき?

No indexの使い方

ブログにアクセスを集める主な手段は検索経由です。
アドセンスをやっていようと、それ以外のアフィリエイトをやっていようと、基本的には検索でアクセスを集めることになります。

でも、わざと検索結果に載せないようにすることもできます。
その方法とは記事に『No index』タグを投稿した記事に入れることです。
No indexタグを入れると、記事としては存在するけれども検索経由では記事を見つけられないという状態になります。

ちょっと前になりますが、とある新聞社が特定の記事にNo indexタグを入れたことで問題になったりもしましたね。

検索結果に載らない=アクセスが増えない、ということであんまりメリットはなさそうですが、実はちゃんと使い道はあります。
今回はNo indexのメリットや効果的な使い方、使うタイミングについてご紹介します。

No indexタグを使うメリットはこんな感じ

No indexタグを使う一番の目的は、低品質のページをGoogleに認識させないことによって、サイトの評価を下げないようにすることです。

ちょっとふんわりした話になりますが…。
例えばブログの中に3つ記事があったとして、それを点数化したとき次のようになるとします。

  • 記事A…100点
  • 記事B…70点
  • 記事C…10点

平均点:60点

と、質の高い記事と質の低い記事が一つのブログに混ざっている状態として。
一つ一つの記事の評価はあるけれど、ブログ全体で言うと平均60点のブログ、ということになります。

で、これはどう考えても10点の記事Cが足を引っ張っているわけですね。
だからこれを『No index』を設定することによって計算に入れないようにする、というのが主に使う意味です。

これなら

  • 記事A…100点
  • 記事B…70点
  • 記事C⇒ノーカウント

平均点:85点

と、ブログ全体の評価が高くなりますね。

これがNo indexタグを使う一番のメリットであり、目的です。

そもそも低品質なページ、って何ぞや?

No indexタグは低品質なページに使うことでサイト全体の評価が下がるのを防ぐ、というのは何となくわかってくれたかと思いますが、当然こんな疑問が出てきますよね。

ポチ丸
ポチ丸
そもそも低品質なページって何さ?

No indexを設定するべき低品質なページってそもそもなんだ?って話です。

よくブログ初心者で「私は記事書くの下手くそだし、まだあんまり自信ないから一旦全てNo indexにしてます」って人もいるんですが、ここでいう低品質というのは記事が上手いとか下手とかそういう意味とはちょっと違います。

明確な基準があるわけではないですが、僕の中ではNo indexタグを設定したほうがいい低品質なページとはこんな感じです。

  • コンテンツ量が極端に少ない(数百文字以下)
  • 投稿から半年~1年たっても検索からのアクセスが1日1以下
  • 画像だけの記事やリンクだけを貼っている記事

基本的に文章量が少ない記事とか画像だけの記事とか。
中身がない記事は低品質って感じですね。

あと、投稿して1年たっても1日1アクセスもない、という場合も低品質なページといえます。

これらに該当するときは記事をNo indexにするか、後ほど紹介する追記(リライト)、記事の削除などを行うと、ブログ全体の評価が上がります。

最初から投稿記事をNo indexにするのはやめよう!

低品質なページに該当するものの一つに『投稿から半年~1年たっても検索からのアクセスが1日1以下』というものを紹介しました。
これ、実は大事です。
どこが大事かというと『半年~1年』ってところ。

結局、投稿した記事の質が高いか低いかって読まれているかどうかです。
自分ではあんまり上手に書けてないなーって思っても意外と検索から読まれることもあります。
それって『質が高い』ってことです。

で、ブログというのは書いてすぐにはアクセスが集まりません。
もちろんキーワードとかちゃんと当てればすぐにアクセスは来るものもありますが、基本的には長い目で見て、アクセスが少しずつ増えていくと考えるべきです。
その期間として少なくとも半年間は様子を見るべきです。

半年たっても検索から1日1アクセスなければ、質が低い記事と考えるべきですね。

当ブログでNo indexにしてるもの

当ブログでは基本的に投稿している記事は全てNo indexにしていません。
コンテンツ量も多いですし、幸いなことに1アクセスもない記事というのは(ニュース系記事を除いて)ないので。

一方で、当ブログの中でもNo indexにしているものもあります。
それは『アクセスアップ』みたいなカテゴリーページです。

カテゴリーページはそもそも文章量もないし、リンクだらけのページです。
ブログの記事によってはカテゴリー名を変えることもあるため、検索結果に反映されてもすぐ変わる可能性もあります。

そんな理由からカテゴリーページはNo indexにしています。

ちなみに、人によってはプライバシーポリシーなどのページをNo indexにしている人もいますが、少なくともアドセンスサイトの場合はプライバシーポリシー系のページはNo indexにしないほうがいいです。
アドセンスをやるなら、対グーグルに対してプライバシーポリシー守ってるアピールは積極的にするべきです(笑)

No indexさせずに追記(リライト)、記事の削除で対応する方法もある

質の低い記事をNo indexすることによってサイトの評価を上げる方法をお伝えしましたが、No indexを利用せずに対応する方法もあります。

その1つが追記(リライト)
質の低い記事に対して別の情報を追記したり、読みにくい部分を書き直したり、わかりやすい記事タイトルにしたりと改善することによって、記事の質が上がることがあります。

特にもともと文章量が少なくて低品質なページだったものに対して、追記して充実したページになればそれだけで一気に評価されるページになることも。
せっかく書いた記事なんですから、出来るだけ有効利用したいですもんね。

僕としてはNo indexするよりも追記・リライトをして記事の質を高めるほうがおススメです。

もう一つ、No indexじゃなくてページ丸ごと削除してしまう、っていう方法もあります。

No indexの場合、ページそのものはブログに残ります。
例えば、もうとっくに話題が終わっているニュース記事なんかだと、いつまでもブログに残していても読者さんからしたら邪魔に感じることもあります。
そんなときは思い切って削除してしまう、ということもありますね。

現時点でアクセスもなくて、ブログに残していても読まれそうもないし、むしろ読んでほしくない、って感じだったら削除しちゃうのもアリです。

No index設定はAll in one seoプラグインを利用するのが簡単

最後に、No index設定をする方法を紹介します。
Wordpressでブログを運営しているなら、All in one seoプラグインを利用するのが一番簡単です。

プラグインをインストールして有効化すると記事投稿の下のほうにNo indexにするかどうかのチェックボックスが出てきます。
No indexにしたいならこれにチェックを入れるだけ。

AllinoneseoのNoindex設定

簡単ですね。

さいごに:そんなにポンポン使うものでもない

ここまであれやこれやと説明してきましたが、普通にブログ運営をしていく分にはほとんど使うことはないです。

そもそもコンテンツ量が少ない記事は作るなって話だし、投稿して半年~1年たっても1日1アクセスもないってなかなかないです。

サイトの評価自体も100記事とか200記事の段階で気にする必要なし。
その段階なら既存の記事をどうこうするより、新規に記事を入れることに注力すべきです。

で、そこから記事が増えてようやく既存の記事に手を入れようかな、ってときもまず考えるべきは追記やリライト。
それでもだめならようやくNo indexとか記事の削除、ということになります。

そう考えると、No indexを適用する場面ってかなり限られてきます。

ブログを始めたばかりの人とか、まだ始めて1年とかの人は全然No indexを設定する必要はないです。

とりあえずこういうものがあるということだけ覚えておいて、ゆくゆくブログが育ってきたら使うことを考えてみてください。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です