ツール

ダラダラ記事書きからの脱却!時間管理テクニックのポモドーロタイマーのススメ

ポモドーロタイマー

あなたは時間の使い方が得意ですか?下手ですか?

僕は日常的にはあんまり効率的に生きてる男じゃないです。
休日の予定とか遊びの予定も当日決めることもしょっちゅうですし、旅行とかも行きたい場所とホテルだけ決めて、具体的にどこ行くかは移動中に旅行雑誌とか読んで決めたりします(笑)

ただ、アフィリエイト作業やアドセンスの記事書きについては、無駄に時間をかけないようにしています。
無駄に時間をかけてもいい記事が書けるわけではないし、何より時間をかけすぎると段々アフィリエイト作業そのものが嫌になっちゃいます。

記事書きで「時間がない」という悩みを持つこともあるでしょう。
でも、時間がないと言っている人のうち、多くの人はダラダラと作業をやって集中できてないだけです。
記事を書くためにリサーチしていたつもりが、いつの間にかYoutubeを見ていた、なんてことありませんか?

今回は僕もよく使っている時間管理テクニックの一つである『ポモドーロタイマー』をご紹介します。
ダラダラとした記事書きから脱却しましょう。

ポモドーロタイマーとは何ぞや?

ポモドーロタイマーは時間を区切って作業をするテクニックのことです。
基本的には25分の作業時間と5分の休憩時間を繰り返す感じになります。
25分を1ポモドーロとして、4ポモドーロが1セットです。
4ポモドーロ後に休憩を取ります。

具体的に言うと、25分作業⇒5分休憩⇒25分作業⇒5分休憩…って感じですね。
そして、4回作業を行った後は少し長めに30分程度の休憩を取るということです。

こんな単純なことですが、「25分集中すればいい!」って思うと結構頑張れちゃいます。
そのあと休憩時間があるのもポイント。
思わずYoutubeとか見そうになっても「この後の休憩時間に見よう」って自制心も働きますからね。

ハルイチ
ハルイチ
ちなみに、このテクニックはイタリア発祥で、ポモドーロはトマトという意味だよ。
ポチ丸
ポチ丸
僕はトマト食べられないけど、ポモドーロだったらやれるかも!

ポモドーロタイマーを記事書きで使うためのポイント

ポモドーロタイマーを使い始めたばかりのころは、とにかく時間計測だけすればOKです。
ターゲット決めで25分、リサーチで50分…なんて最初から作業と時間を割り振ってしまうと、時間オーバーしたときに焦ってそのあとの仕事が雑になります。

最初は逆に「一つの仕事にどれくらい時間を使うか(何ポモドーロ使うか)」を計測しておきます。
例えば、25分(1ポモドーロ)経過した時点でターゲット決めが終わった。そこから50分(2ポモドーロ)かかってリサーチが終わった…など。

時間と作業を記録しながら10記事程度書けば、大体自分がそれぞれの作業にどれくらい時間がかかるかわかります。
それがわかった段階で「自分は最大でもリサーチに50分くらいだから2ポモドーロ以内に終わらせるぞ」と作業に時間を割り振って緊張感を持たせながらやるといいでしょう。

ポモドーロタイマーを使う上ならWeb上のツールがおススメ!

ポモドーロタイマーは普通のキッチンタイマーでも可能です。
25分セットにしてタイマーを作動させる。終わったら5分セットにしてタイマーを作動させる。
この繰り返しです。

ただ、実際にタイマーを用意したり自分でセットするのは面倒です。
なので、僕はWeb上のポモドーロタイマーを使っています。

Web上でポモドーロタイマーを使うならこのサイトがおススメ。
英語だし、画面が黒背景なのでびっくりしちゃうと思いますが、ちゃんと使えます。

普通のポモドーロを使うなら左の『Pomodoro』をクリック。
すると自動でタイマーがスタートします。
25分経過で自動で休憩に入ってくれます。

時間を変更したいなら真ん中の『CUSTOM Timer』をクリック。
1ポモドーロ当たりの時間をもっと長くしたり、短くしたりしたいときは選ぶといいですね。
ポモドーロタイマーWeb
基本的には『Pomodoro』でやるといいです。

ちなみに、ポモドーロタイマーはスマホのアプリでもあります。
が、現時点で無料でおススメできるポモドーロタイマーのアプリがないこと。
また、僕はアフィリエイト作業中にはスマホが手に届く範囲にあることそのものが作業の邪魔になると思っているので、アプリは紹介しません。

気になる人はPlayストアやApp storeなどで『ポモドーロタイマー』と検索すればいくつか出てきます。

自分に厳しい人にもっとおススメなのがStrict Workflow

ポモドーロタイマーの中でもさらにユニークなものがあるので紹介しておきます。
GoogleChromeアドオン(アプリみたいなもの)の『Strict Workflow』です。

これはGoogle Chromeブラウザでしか使えませんが、他のポモドーロタイマーツールより優れている点が2つあります。

1つは画面右上のツールバーの中に表示されるので、余計なウェブサイトやアプリを起動しなくてもいいことです。
全く邪魔になりません。

そしてもう1つ。
これがある意味でとても優れた点なのですが、ポモドーロタイマーで作業中になっているときはYotubeやFacebookなどの「時間泥棒サイト」を見ることができません(笑)
実際にポモドーロタイマーが動いている最中にYoutubeなどを見ようとするとこんな画面になります。
ポモドーロタイマーサイト見れない
トマトが出てきて邪魔されてしまいました(笑)
Back to work!
つまり『仕事に戻れ!』ってことですね。

ちなみに、このアクセスの許可サイトは変更することが可能です。
ポモドーロタイマーが作動していない時か休憩中の時にアイコン右クリック⇒オプションで設定画面が出てきます。

オプション画面は英語になっているので、それぞれの項目について簡単に解説しておきます。
ポモドーロタイマーオプション

  • Block the sites on this list
    ここに記載のあるサイトが作業中に見れなくなります。
  • Show a notifaction when a timer finish
    時間が来た時に画面右下に通知のポップアップを出すかどうか
  • Ring when a timer finishes(audio)
    時間が来た時にアラームの音を鳴らすかどうか
  • Clicking on a running timer restarts it
    作業中にアイコンをクリックすることで時間をリセット(最初から)するかどうか

この『Strict Workflow』は途中でタイマーを止められなかったりするので、逆にちょっと不便な点もあるのですが。
記事を書く作業の中でどうしてもYotubeやFacebookを見てしまって全然作業に集中できないって人は一度導入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに一度導入したけど、やっぱり使いたくないって人は、右上のStrict Workflowアイコンを右クリック⇒Chromeから削除で消すことができます。

時間管理テクニックポモドーロタイマーのまとめ

今回は時間管理テクニックの一つとしてポモドーロタイマーを紹介しました。

あくまでテクニックの一つでこの方法でバチッと集中できる人もいれば、あんまり自分には合わなかった、って人もいます。
ですが、ダラダラとアフィリエイト作業をしてしまう人は一度試してみることをおススメします。

ポモドーロタイマーそのものには合わなくても、自分の作業に対する時間を把握しておくと今後絶対役立ちます。
「あ、今10分あるからリサーチくらいはできるな」みたいな場面も出てきますし、「前に比べて作業が早くなったな」と成長を実感することもできますから。

あなたの作業効率化のヒントになれば嬉しいです。

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です