ブログの作り方

ワードプレスのSSL設定をエックスサーバーで超簡単にやる方法!

ブログの作り方SSL化設定

SSL設定とは、データを暗号化して送る仕組み…なのですが、この辺の詳しい仕組みは知らなくても大丈夫(笑)
僕たちアフィリエイター・ブロガーにとって重要なのはただ一つ。
SSL設定をすることもブログの評価基準になるということです。

SSL設定をしていなければ、グーグルさんが「このサイトどうなの?」と思って順位を下げてしまうかも。
そんなマイナスはもったいないので、ぜひSSL設定をやっておきましょう。

SSl設定はレンタルしているサーバーによっては有料だったり、期間限定な所もありますが、エックスサーバーであれば基本無料で更新し続けてくれます。

つまり僕たちにデメリットがなく使い続けることができるということ。
これはやらない手ははないですね。
しかもエックスサーバーなら操作も簡単です。

ブログ記事を書いてからSSL設定をするのは面倒なので、最初のうちにやってしまいましょう。
手順を紹介します。

  

SSL設定をエックスサーバーを利用して追加する方法

ドメイン設定時にSSLを追加する

実はエックスサーバーとドメインを紐づけるときに、SSL設定を既にやっている場合もあります。
ドメイン追加時に『無料独自SSLを利用する』という項目があるので、そこにチェックを入れてドメイン追加すればその時点でSSLそのものは導入できている場合もあります。
(導入出来ていてもこの後設定することがあるので、まだ続き読んでね)
SSLドメイン設定時

ただ、ドメイン追加時に『無料独自SSLを利用する』をチェックしても設定に失敗してしまうこともあります。
結構よくあります。
SSL失敗時の表示
そんな時は焦らず改めてSSL設定をしましょう。

ドメイン設定時にできない場合はSSL設定から追加

エックスサーバーのサーバーパネルから『SSL設定』をクリック。
SSL設定画面へ
SSL設定画面になったら『独自SSL設定の追加』をクリックしてタブを切り替え。
設定画面になったら、『独自SSLを追加する(確定)』をクリックすれば追加できます。
CSR情報を入力するという項目はチェック不要です。
SSL設定を追加する
これで先頭にhttps://となったSSL化したサイトアドレスを入手できました。

『独自SSLを追加する(確定)』クリックしてもまだ失敗してしまう時は、もう少し時間をおいてから再度試してみてください。
特にドメインを取得したばかりでこの操作をする時は失敗してしまうこともあります。

SSL設定後しばらくはアクセスできない状況になるけど焦らずに

SSL設定をしてからすぐにhttpsのついたアドレスにアクセスすると次のような画面になってしまうことがあります。
SSL設定直後の画面よくあるやつ
警告文で焦っちゃいますが、この画面が出てきても大丈夫です。
SSL化してしばらくはこの画面が出てきてしまいます。

大体1時間くらい置いてから再度アクセスすると、普通の画面になっています。

ちょっと待ってあげてくださいね。

ワードプレスにてサイトのホームページ設定を変更する

次にワードプレスにログインしてアドレスの変更手続きをします。
これをやらないとせっかくSSL化したのに、SSL化していないサイトを一生懸命作ることになってしまいます。
忘れがちですが必ずやりましょう。

ワードプレスの管理画面から『設定』『一般』と進みます。
Wordpressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)と二つあるので、両方ともSSL化したアドレスであるhttpsになるようにSを追加して変更。
SSLワードプレス側の設定
変更が終わったら、設定の一番下にある青いボタンの『設定を保存』をクリックします。

変更を保存をクリックすると画面が切り替わって再度ログイン画面になることがあります。
改めてID・パスワードを入力してログインしましょう。

ファイルを編集してリダイレクト設定をする

ここまででSSL化したアドレスを取得し、ワードプレスのURLも変更してSSL化したブログに記事を入れていくことができるようになりました。
ただ、最後にもう一つやっておきたいことがあります。

今のままだとhttpのサイトアドレスとhttpsのサイドアドレス両方にアクセスできるようになってます。
なので、httpのアドレスにアクセスしても自動でhttpsに切り替わるような設定にする必要があります。
これを『リダイレクト設定』といいます。

エックスサーバーのインフォパネルにログインします。(サーバーパネルではなく、インフォパネルです。)
インフォパネルの下のほうに『ファイルマネージャー』という項目があるのでログインします。
ファイルマネージャーに入る

ファイルマネージャーにログインしたらファイルがいくつかある中から、自分のサイトの名前のフォルダを選びます。
(画像はこのサイトであるohisamaffiになってますが、実際はあなたが持っているサイト名です)
ファイルマネージャー操作その1
フォルダをクリックしたら、またたくさんのファイルが出てきます。
その中から『public_html』をクリック。
ファイルマネージャー操作その2
またまたたくさんファイルが出てきます。
お目当ては.htaccessというファイルです。
見つけたらファイルをクリックして、念のためにバックアップ用にダウンロードしておきます。

ダウンロードが完了したら『.htaccess』の左にあるチェックボックスにチェックを入れ、右側の編集をクリック。
ファイルマネージャー操作その3
編集画面になったら、先頭に次のコードを入力します。

入力するとこんな感じに。
SSL設定追記はこんな感じ
入力したら保存をクリック。
これでhttpのアドレスを入力しても、自動でhttpsのサイトに切り替わるようになりました。

長くなりましたが、これにて本当にSSL化終了です!

ワードプレスSSL化設定のまとめ

SSL化設定は2017年くらいから多くのブロガーやアフィリエイターが対応してきたくらい、最近の出来事なんです。
何かを入力するようなサイト(ショッピングサイトなど)は意味があるのですが、普通のブログを運営している限りはあんまりSSL化してもそれほど大きな意味はありません。

ただ冒頭でもお伝えしたように、SSL化しているかどうかもサイトの評価になる以上、絶対にやっておいたほうがいいでしょう。
少なくともSSL化をして損することはありません。

エックスサーバーを使えば、無料で簡単に設定を済ませることができます。
FTPソフトを使わなくてもインフォパネルから直接ファイルを編集できるのもでいいですね。

慣れない作業かもしれませんが、手順通りに進めればバッチリできます。
ちゃんとやっておきましょうね。

ここまでやれば、ワードプレスのブログを始めることができます!
早速書いて…いってもいいのですが、最初のうちにワードプレスでいくつか設定をしておきたいことがあります。
引き続きやっていきましょう!

メルマガ登録はこちら

お名前(HN可):

メールアドレス:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です